/

この記事は会員限定です

レンゴー、インドネシアに新工場 生産能力45%増

[有料会員限定]

レンゴーはインドネシアで段ボールを増産する。約25億円を投じ、2013年1月に新工場を稼働させる。現地の生産能力は45%増の年19万2千トンになる。日系企業や現地の食品、日用品、家電メーカーなど向けに販売し、成長市場の需要を取り込む。

現地のグループ会社、スリヤ・レンゴー・コンテナーズ(SRC)がジャカルタ東部にあるカラワン工業団地に新工場を建設する。最新鋭の設備を導入し、年間6万トンの段ボールシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン