/

京セラ、オプトレックス買収を発表 買収額は約200億円

京セラは27日、自動車用液晶パネル最大手のオプトレックス(東京・荒川)を買収すると発表した。投資ファンド、日本産業パートナーズ(東京・千代田)から全株式を譲り受ける。買収額は約200億円とみられる。

来年2月1日に子会社にする。オプトレックスは自動車のメーター表示パネルやスマートフォン(高機能携帯電話)用タッチパネルを製造。2011年12月期の連結売上高は約900億円の見通し。国内外の従業員6476人は、京セラが原則引き継ぐ。

京セラはオプトレックス買収で車載向け市場に参入する。オプトレックスは旭硝子と三菱電機が1976年に共同で設立。自動車向けで先行してきたが、携帯電話向けが韓国、台湾勢との競争激化で採算が悪化。08年から日本産業パートナーズ傘下で再建を進めていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン