/

この記事は会員限定です

スタバ、都心に小型店 コンビニやカフェに対抗

[有料会員限定]

スターバックスコーヒージャパンは低コストで運営できる小型店を出店する。従業員や面積を標準店舗の半分に抑え、運営費用を1割以上削減。コーヒー豆やカップ類なども扱わない。都心のオフィスビル内や「駅ナカ」を中心に来年度以降に年10店以上出す。コンビニエンスストアやファストフードがカフェの販売を強化していることに対抗、新たな立地を開拓し店舗網を広げる。

新型店は面積が標準店(165平方メートル)の半分程度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン