/

この記事は会員限定です

国内シェア競争激化、16品目で首位交代 12年調査

デジタル一眼やマンション

[有料会員限定]

日本経済新聞社は28日、2012年の国内の「主要商品・サービスシェア調査」(対象100品目)をまとめた。デジタル一眼カメラや携帯電話端末など16品目で首位が交代した。11年より3品目、10年よりも6品目増えており、国内市場の競争の激しさが浮き彫りになった。キヤノンや野村不動産など、市場のニーズに合致した新製品を投入した企業の躍進が目立った。(詳細を29日付日経産業新聞に)

デジタル一眼カメラではキヤノンが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン