タニタ、インドで健康管理 オムロンは米で

2013/9/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

健康機器大手のタニタ(東京・板橋)はインドで健康管理サービスを始める。同社の高性能の体脂肪計などで測ったデータを分析し、スマートフォン(スマホ)やパソコンに提供する。国内で数十万人が利用するサービスを海外で初めて導入、機器の販売拡大につなげる。同業大手のオムロンも米国で同様のサービスを開始。日本流のきめ細かな健康管理サービスを生かし海外事業の拡大を狙う。

タニタは11月にインド北部デリーでサービ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]