/

出版取次大手の4~9月業績、明暗分かれる

出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンは26日、2013年4~9月期の連結決算を発表した。日販は書店の書籍販売の不振が響き減収。トーハンは書店と出版社をつなぐ書籍の需要予測システムが寄与して増収だった。

最大手の日販の純利益は前年同期比30%増の16億5600万円。売上高は同1.7%減の3294億円と落ち込んだが、物流の効率化などで経費を削減し増益となった。トーハンの売上高は同4%増の2433億円。経常増益を確保したが、グループ内の転籍に伴う退職金加算金などを計上して純利益は前年比68.7%減の5億5700万円だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン