/

堤清二氏お別れの会に2500人 セゾングループ創業者

セゾングループ創業者で昨年11月に死去した堤清二氏のお別れの会が26日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれた。巨大流通グループを率い、小説家・詩人としても活躍した堤氏を偲び、約2500人が参列した。

喪主は堤氏の妻の麻子さん。実行委員長は日本文学研究者のドナルド・キーンさんと、クレディセゾンの林野宏社長が務めた。

政界からは、麻生太郎副総理や森喜朗元首相などが参列。流通業界では、セブン&アイ・ホールディングスの伊藤雅俊名誉会長や鈴木敏文会長、イオンの岡田卓也名誉会長などが顔をそろえた。

参列者は堤氏が生前に好んだカサブランカやアジサイの花で飾られた祭壇に、白色のカーネーションを一輪ずつ献花。併設された展示ブースでは堤氏の著作や写真を懐かしむ人であふれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン