/

イオンモール、中国新規出店表明 反日デモ後初

14年に3カ所

イオンモールは26日、2014年中に中国の天津市と江蘇省蘇州市、広東省広州市の3カ所にショッピングセンター(SC)を開業すると発表した。グループのスーパーを中核とし、アパレルなど専門店を集める。反日デモ発生後、イオングループが中国での新規出店を表明するのは初めて。

天津市の「イオンモール天津武清(仮称)」は延べ床面積が約14万4000平方メートルとなり、14年下期の開業を予定する。イオングループによる中国でのSC出店は12年は1カ所、13年も2カ所にとどまる一方、14年からは毎年10カ所以上に増やす方針。デモ発生後も出店計画に変更はないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン