/

この記事は会員限定です

慶応SFC改革再び 宿泊・異文化交流…21世紀型「適塾」

個性派学部はいま

[有料会員限定]

慶応義塾大学は2015年4月、湘南藤沢キャンパス(SFC)に滞在型の教育施設「未来創造塾」を開設する。宿泊でき、外国人留学生と異文化交流をする。創立者・福沢諭吉が学んだ『適塾』のモデルを現代に取り入れる。1990年代の大学改革の先陣を切ったSFC。多くの起業家も輩出したが、再び改革に動く背景には「普通の大学」に近付いているという危機感がある。

未来創造塾を建設するのは既設のSFCの東側。予定地は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン