/

オリンパス、菊川会長兼社長が退任 社長に高山氏

(更新)

オリンパスは26日、菊川剛会長兼社長(70)が辞任して取締役に退き、高山修一専務(61)が社長に就任したと発表した。同社はマイケル・ウッドフォード元社長を14日に解任したが、同氏は過去の買収の経緯などについて問題点を指摘。株価が急落するなど経営が混乱しており、菊川氏はその責任を取った格好だ。

オリンパスの高山修一新社長が就任記者会見を開いた(26日、東京都新宿区)

オリンパスの高山修一新社長が就任記者会見を開いた(26日、東京都新宿区)

同社は「独断専行的な経営判断があった」(菊川氏)としてウッドフォード元社長を解任し、菊川氏が会長兼社長となった。ウッドフォード氏はその後、「これまで国内外で実施した企業買収の取得額などが過大だ」と指摘。先行き不透明感から株価は約5割下落し、国内外の大株主が十分な情報開示や第三者機関による調査を求めるなど異例の事態を招いた。

菊川氏は26日、辞任理由について「(14日の)社長交代に端を発する一連の報道や株価の低迷などで、顧客や株主などに迷惑をかけている。今後の信頼回復への取り組みを新しい体制で推進すべきと判断した」とのコメントを発表した。同社が都内で開いた記者会見には出席しなかった。

会見した高山社長は「各方面にご心配をかけていることは大変残念。信頼回復に向けた陣頭指揮を執る」と述べた。過去の買収については「買収額やファイナンシャルアドバイザーへの支払額は適切」と強調した。

同社は過去の買収の経緯を調べる第三者委員会を発足させる予定。設立時期や人選について高山社長は「できるだけ早く立ち上げたいが、この場で時期を約束できない。客観的に評価できる人にお願いしようとしている」と語るにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン