/

日本IBM、大和事業所を閉鎖 東京・豊洲に移転

日本IBMは26日、大和事業所(神奈川県大和市)を2013年に閉鎖し、大半の機能を豊洲事業所(東京都江東区)に移転すると発表した。豊洲事業所には「IBM東京ラボラトリー」を12年7月に開き、環境配慮型の次世代都市「スマートシティ」を実現するための研究や技術開発の拠点とする。東京基礎研究所も豊洲に移す。

1985年開設の大和事業所はパソコンや主要ソフトの開発拠点だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン