/

この記事は会員限定です

クルマ離れニッポンに挑む ドイツ勢、奇策の勝算

[有料会員限定]

販売好調なドイツ自動車大手が国内自動車メーカーから顧客を奪うため、20~30歳代の若い年齢層を取り込むための奇策を次々に打ち出している。レストラン付きショールーム、カーシェアリングを使った試し乗りなどいずれも国内勢がためらうような数々の手法。果たして勝算はあるのか。

ショールームにレストラン

東京・六本木のメルセデス・ベンツのショールーム。ランチタイムになると若い男女の来訪が絶えない。2階のレストランで食事を済ますと1階の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン