ソニー、サムスン液晶合弁解消で合意 全株売却

2011/12/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーと韓国サムスン電子は液晶パネルの合弁事業を解消することで合意した。韓国でテレビ用の大型パネルを生産している合弁会社の持ち株全株を、2012年3月期中にソニーがサムスンに売却する。26日午後にも発表する。ソニーは赤字が続くテレビ事業のコスト削減を急ぐ。日韓の電機大手による大型提携は約8年で解消されることになった。

合弁会社S-LCDの設立は04年4月。サムスンが発行済み株式の5割と1株を持ち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]