/

この記事は会員限定です

東電が汚染水対策本部 火力・土木からも人材

[有料会員限定]

東京電力は福島第1原子力発電所から汚染水が海や敷地内に流出している問題に対応する全社的な横断対策組織を社長直轄で設置する。火力発電部門や土木・建設部門から人材を集め、外部から専門家も招く。現地に出向いて汚染水対策を講じるほか、汚染水浄化装置や貯蔵タンクなど施設の管理を強化する。

26日中に「汚染水・タンク対策本部」を設置し、同日夕に発表する。本部長には広瀬直己社長が就く。最終的な人員数は固まって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン