/

この記事は会員限定です

インドに飛行艇輸出へ、政府協議 防衛装備を転用

[有料会員限定]

日本とインド政府は29日に東京で開かれる首脳会談で、海上自衛隊に配備している水陸で発着が可能な救難飛行艇「US-2」のインドへの輸出に向けて協議する。実現すれば日本としては防衛装備品の民間転用による輸出第1弾となる。川崎重工業なども輸出戦略を推進しており、電機や造船業界が新興国の攻勢で苦戦するなかで航空宇宙が新たな輸出の柱に成長する可能性が出てきた。

【ニューデリー=岩城聡】インドの複数の関係者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン