/

この記事は会員限定です

住商、CO2回収・貯留参入 国内ベンチャーに出資

[有料会員限定]

住友商事は発電所や工場から排出される二酸化炭素(CO2)を回収・貯留する事業に乗り出す。月内をメドにCO2分離膜の関連技術を持つ国内ベンチャー企業に出資。2015年度にも、従来技術の半分以下のコストでCO2を分離できる専用膜を組み込んだ装置の販売を始める。温暖化対策の有力な手段として国内外の電力会社や素材大手に売り込む。

27日にも環境ベンチャーで高分子膜製造のルネッサンス・エナジー・リサーチ(R...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン