/

この記事は会員限定です

富士重、軽の半世紀に幕 独自の中・小型で勝負

[有料会員限定]
富士重工業の歴史
1917年中島知久平氏が飛行機研究所を創設
31年中島飛行機と改称
53年旧中島系企業が集まり富士重工業が設立
58年軽乗用車「スバル360」を発売
66年いすゞと業務提携
68年日産と業務提携
99年米GMと資本・業務提携
2000年日産と提携解消
02年いすゞと米合弁生産を解消
05年GMと提携解消、トヨタと資本・業務提携
08年トヨタとダイハツと生産・開発で提携拡大
ダイハツから軽自動車をOEM調達
12年トヨタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン