ホンダ、ハイブリッド車「インサイト」生産終了へ

2014/2/26付
保存
共有
印刷
その他

ホンダは同社初のハイブリッド車(HV)である「インサイト」の生産を3月末までに打ち切る方針を固めた。ホンダはインサイトに搭載している旧型のHVシステムから、新型システムへと切り替えている。販売台数が低迷しており、一定の役割を終えたとの判断だ。

同社はインサイトを鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で生産している。インサイトは1999年に発売、ガソリンエンジンの発進をモーターの動力が補佐する簡易型のHVシステムを搭載している。

ただ、新型の小型車「フィット」など2013年発売のHVから低・中速域をモーターだけで走れる新型システムを採用。今後国内で発売するHV車を新型システムにする方針を示していた。

トヨタ自動車が1997年に世界初の量産型HVとして発売した「プリウス」と並び、インサイトは一時、HV市場をリードした。

2012年度の世界販売台数はプリウスが約50万台だったのに対し、インサイトは1万6千台だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]