/

この記事は会員限定です

ルネサス、マイコンに集中 NECなどの支援焦点

システムLSI、分離し再建へ

[有料会員限定]

ルネサスエレクトロニクスが経営再建に向けて抜本的な事業構造改革に踏み切る。最先端のシステムLSI(大規模集積回路)拠点である鶴岡工場(山形県鶴岡市)を台湾積体電路製造(TSMC)に売却するとともに、最大で1万4千人の従業員を削減する方針。NECなど主要株主が増資引き受けなど金融支援に応じるかが焦点となる。

ルネサスの2012年3月期連結決算は、売上高が前の期比22%減の8831億円、最終損益は6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン