デジタル・ナレッジ、学習履歴共有し教育効果的に

2013/12/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

eラーニングシステム受託大手のデジタル・ナレッジ(東京・台東)は、eラーニングの運営事業者向けに受講生の学習履歴を管理できるサービスを26日始める。米政府系団体が定める「TinCan(ティンカン)API」と呼ばれる国際規格を日本で初めて導入。学習履歴をeラーニング事業者間で共有し、受講生に対し効果的に教育を提供できるようにする。

デジタル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]