セブン&アイ、カット野菜の鮮度向上 PBで低温加工

2013/9/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスはコンビニエンスストアなどで販売するカット野菜を刷新する。11月から一部商品の生産委託先を、低温加工できる工場に切り替え、鮮度を高める。商品はプライベートブランド(PB=自主企画)として販売する。価格を変えずに品質を上げて、手軽に料理を済ませたい女性や高齢者の需要を取り込む。

約10商品のうち、まずキャベツの千切りなど4商品をPB「セブンプレミアム」に切り替える。価…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]