/

この記事は会員限定です

パナソニック、携帯事業を大幅縮小へ

欧州販売打ち切り、国内も売却・提携など検討

[有料会員限定]

パナソニックは不振の携帯電話事業を大幅に縮小する。今春に再参入した欧州市場での販売を早ければ2012年度中に打ち切る方針。国内事業は売却や他社との提携を含め見直しを検討する。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の世界市場は米アップルと韓国サムスン電子の2強が先行。後発のパナソニックは抜本的な戦略転換が必要と判断した。

パナソニックは現在、携帯電話を国内と欧州で販売している。欧州は05年に撤退したが、スマホ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン