2019年7月21日(日)

即席麺、初の1000億食突破 12年の世界市場

2013/4/25付
保存
共有
印刷
その他

世界の即席麺メーカー175社が加盟する業界団体、世界ラーメン協会(WINA)は25日、2012年に世界で販売した即席麺が1014億食だったと発表した。1997年の調査開始以来1000億食の大台を突破したのは初めて。15年間で2.5倍に増えた。インドが前年より24%増えたほか、ブラジルが8%増となるなど経済発展が著しい国が伸びた。

国別で最も多かったのは中国の440億食。2位はインドネシアの141億食で3位は日本の54億食だった。過去5年間ではインドの消費量が15億食から44億食へと3倍に増え、ベトナムやタイでも2~4割伸びた。

新興国では働く女性が増え、簡単な食事の需要が高まっている。経済発展に伴う生活スタイルの変化が消費拡大の背景にある。米国では東洋水産、ブラジルでは日清食品ホールディングス、ベトナムではエースコックなど日本企業が大きなシェアを握る国も多い。

世界の総販売量を約70億人の世界人口で割ると1人あたり年に14.4食になる。国民1人当たりでは韓国が72.4食と最も多かった。韓国では外食のラーメン店や鍋料理などに袋麺が調理される傾向にある。

世界初の即席麺は日清食品が58年8月に発売した「チキンラーメン」。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。