/

この記事は会員限定です

東電、賠償資金援助7000億円追加申請へ 累計3兆円超

[有料会員限定]

東京電力は福島第1原子力発電所事故の賠償に必要な追加資金援助を、原子力損害賠償支援機構に年内に申請する方針を固めた。追加の申請額は7千億円弱。避難者の土地や家屋への賠償額が従来見込みを上回ると判断した。賠償向け資金援助額は累計で3兆円を超え、2011年11月の当初想定の3倍強に膨らむ。今後も賠償範囲が広がる可能性があり、東電の負担は一段と増す。

新政権発足後に東電が追加援助を原賠機構に申請する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン