/

三陽商会、初の希望退職募集 会長は退任

アパレル大手の三陽商会は25日、希望退職者を230人程度募集すると発表した。同社が希望退職を募集するのは初めて。対象は契約社員を含む従業員で、人員の1割強に相当する。主要販路の百貨店で販売が伸び悩み、ブランドの整理を進めていたため。同日、中瀬雅通会長(63)が3月28日付で相談役に退く人事も発表した。

募集期間は4月15~26日で、退職日は6月30日。主に中高年を対象とし、割増退職金を支払う。希望者には再就職支援も実施する。連結売上高は2011年12月期まで4期連続で前年実績割れとなった。12年12月期は増収に転じ最終損益も2期ぶりに黒字になるとの予想を公表している。ただ、事業環境は依然厳しく、収益力を強化する。

中瀬会長は創業者、吉原信之氏の女婿。1993年に社長に就き、00年から代表権のある会長を務めていた。本人から退任の申し出があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン