/

この記事は会員限定です

東電会長「更生法考えた」 原発安全性の過信認める

[有料会員限定]

東京電力の勝俣恒久会長は27日の退任を前に日本経済新聞のインタビューに応じた。福島第1原子力発電所の事故後に「会社更生法の適用申請も考えたが、できなかった」と話し、法的整理を検討していた経緯を語った。原発事故への備えは「現状で十分と考えていた」として、安全対策への過信があったことを認めた。

勝俣会長は事故について「ご迷惑をおかけし、改めておわび申し上げたい」と陳謝した。会社更生法適用申請を選ばな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン