2019年7月20日(土)

日産、中国200万台にメド 大連新工場に625億円

2012/6/25付
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は25日、中国遼寧省の大連市に乗用車生産の新工場を建設すると発表した。2014年に生産を始め、最終的に年30万台の生産能力に拡大する。15年までに中国での新車販売台数を現状の約2倍の200万台に引き上げる中期目標を掲げており、大連工場の完成で200万台規模の生産能力の確保にメドがつく。

日産の中国生産合弁、東風汽車が最大50億元(約625億円)を投じて工場を新設する。当初、15万台の生産能力だが、「できるだけ早期に30万台に引き上げる」(日産の西川広人副社長)。生産車種は未定だが、中国で需要が拡大している「エクストレイル」や「ムラーノ」など多目的スポーツ車(SUV)になる公算が大きい。

日産の中国の乗用車の生産拠点は華南地域の花都工場(広東省)、華中の襄陽工場(湖北省)、中原の鄭州工場(河南省)に次ぎ、4カ所目となる。広大な中国大陸に効率よく完成車を送り出せる体制が整う。

中国の乗用車の生産能力は現状、年93万台。既存工場の能力増強や大連新工場で15年に150万台以上に拡大する。商用車の生産拠点を含めると、課題だった200万台以上の生産能力を確保できるとみられる。

中国市場は日産にとって最大の自動車市場となっている。中国独自ブランド車「ヴェヌーシア(中国名・啓辰)」も発売し、今後は電気自動車を投入する。販売店網も15年までに2400店に広げ、米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)に次ぐ中国3番手の地位を確立したい考え。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。