/

この記事は会員限定です

原発、欧州で大型受注めざす 東芝・田中新社長

[有料会員限定]

東芝の新社長に25日就任した田中久雄社長は日本経済新聞などの取材に応じ、原子力発電設備事業の拡大や不振のテレビ事業の立て直しなどで収益体質の強化を急ぐ方針を明らかにした。特に原発設備では現行計画通り2017年度に売上高1兆円に引き上げるために東欧などで大型受注を狙う。社長直轄の営業組織を新設して農業向けなど新市場を開拓し、成長を加速する。

傘下の米原発設備大手、ウエスチングハウスを含めた原発事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン