ビックカメラ、広島の委託運営店撤退

2011/3/25付
保存
共有
印刷
その他

ビックカメラは資本・業務提携先のベスト電器の委託を受けて運営している「ビックカメラベスト広島店」(広島市)の営業を5月末に終了する。終了後はベストが、同社の低価格業態「B・B」に7月をメドに転換する。同店は2008年にベストの店舗から転換した経緯がある。

同店の売り場面積は約1万平方メートルと家電量販店としては比較的大型。スポーツ用品など幅広い商品を扱う都市型大型店を得意とするビックが運営を主導することで、同店の販売テコ入れを目指していた。だが「一定のノウハウ共有ができ、ベスト側から申し入れがあった」(ビック広報・IR部)として、撤退する。ベストは10年4月に展開を始めたB・Bが好調で、既存店の改装を進めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]