関電、大飯原発に「活断層なし」 月内にも最終報告書

2013/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は大飯原子力発電所(福井県)の断層問題で「敷地内に活断層はない」とする最終報告書を月内にも原子力規制委員会に提出する。国内で唯一稼働中の同原発3、4号機は9月に定期検査で停止する。運転の可否を左右する断層問題を決着させて、7月に施行する原発の新規制基準の下で運転再開を目指す。

焦点となるのは敷地内を南北に走る「F-6断層」。重要施設である非常用取水路の直下を横切り、仮に活断層と認定されれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]