/

この記事は会員限定です

東レ、米で炭素繊維複合材を増産 ボーイング向け

[有料会員限定]

東レは米国で炭素繊維複合材の生産設備を増設する。米ボーイングの航空機向け部材を作る最新設備を1ライン増やし、米国工場の生産能力を約3割引き上げる。投資額は50億~60億円。炭素繊維を多く使うボーイング787型機の生産拡大に合わせた対応で、今後の需要増が見込まれる自動車部品など他の産業用向けの供給量確保も狙う。

増設するのは、炭素繊維を樹脂と一緒に焼き固めた「プリプレグ」と呼ばれるシート状の複合材。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン