2019年2月17日(日)

三菱重工、今治造船とLNG船の新会社

2013/3/25付
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は25日、今治造船(愛媛県今治市)と液化天然ガス(LNG)運搬船の設計や販売を担う共同出資会社を4月1日付で設立すると発表した。米国のシェール革命で北米産LNGなどの需要が世界で高まっており、両社で協業し受注拡大を狙う。

新会社は「MI LNGカンパニー」で、東京都港区に本社を置く。三菱重工が51%、今治造船が49%を出資する。LNG運搬船の基本設計などを担う。三菱重工の長崎造船所や今治造船の工場で生産する。両社合計で年間8隻以上の受注を目指す。三菱重工はこれまでLNG運搬船で42隻の引き渡し実績を持つ。新会社を通じて量産技術に優れた今治造船のノウハウを活用。同分野で先行する韓国勢に対抗する。

両社は昨年、コンテナ船で技術提携するなど協業関係を強化してきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報