富士通、ビッグデータの取引市場 商品開発に活用

2013/1/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は企業が保有する大量の電子情報、いわゆる「ビッグデータ」の取引市場を今春開設する。インターネット通販での購入履歴、タクシーに載せたセンサーから得られる渋滞情報などを解析し、商品開発や新ビジネスの創出に生かそうと考える企業が増えている。富士通は2016年までに参加企業を千社程度まで増やし、取引仲介サービスを主力事業の一つに育てる。

ビッグデータの取引市場は、この分野の先進国である米国を含め、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]