/

この記事は会員限定です

ブラジル高速鉄道、日・仏が応札見送り 韓国勢有力に

[有料会員限定]

三井物産三菱重工業など日本の企業グループは25日、29日に実施予定のブラジルの高速鉄道計画の入札に参加しない方針を固めた。建設と併せてブラジル政府が求める鉄道運営の採算性が不透明なうえ、資金調達のメドも立っておらず、ブラジル側の要求を満たせないと判断した。フランスの企業グループも入札を見送る方針のため、応札に前向きとされる韓国勢が受注するとの見方が強まっている。

ブラジル初となる今回の高速鉄道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません