/

女性の役員登用進む ホンダ社外取締役、IHIは執行役員

ホンダは24日、芝浦工業大学学長補佐で教授の国井秀子氏(66)が社外取締役に就任すると発表した。同社で初の女性取締役となる。IHIでも初の女性執行役員が誕生する。政府の成長戦略で女性の能力活用が打ち出されるなか、今後も国内企業で女性の役員起用が進みそうだ。

国井氏はお茶の水女子大学大学院で物理学を専攻。リコーに入社して開発部門に従事し、グループ執行役員などの経験もある。初の外国人役員も誕生する見通し。四輪車などのブラジル販売・生産子会社の上級副社長、イサオ・ミゾグチ氏(54)が執行役員に就く。同社は4月1日付で国内の四輪車の購買、生産、営業などを集約する日本本部の創設も発表した。

IHIは24日、水本伸子CSR推進部長(56)が4月1日付で執行役員に就任すると発表した。同社は2018年度までに管理職の女性比率を現在の1.6%から3%以上とする目標を掲げ、女性登用を進めている。

水本氏もお茶の水女子大大学院の物理学を専攻し、IHIでは橋梁などを実験する風洞設備の技術開発などにかかわってきた。08年から人事部に配属され、海外人材の採用を手掛けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン