/

東電、避難による収入減の補償期間延長 15年2月まで

東京電力は24日、福島第1原子力発電所事故の損害賠償で、避難による失職や転職に伴う減収分の補償期間を今月までから2015年2月まで延長すると発表した。今後避難指示が解除された場合、帰還を選んだ人は1年に限り就労環境の変化による減収額を支払う。就労意欲を後押しするため避難先で就職した人に支払っていた賠償の上乗せは今月で廃止する。

避難中に発生した家賃の賠償についても14年3月までだった期限を17年5月に延長する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン