日本KFC、冷凍チキンなどネット通販 年内にも
内食志向に対応

2012/4/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)はインターネット通販事業に参入する。通販専用メニューとして、20~30種類の商品を開発し、年内にも販売を始める。2~3年後をめどに売上高が数十億円規模の事業に育てる。消費者の外食離れとともに家庭で食事する「内食」志向が強まっていることに対応する。

販売する商品は冷凍したローストチキンなど、大人数向けのパーティー用セ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]