/

エドウイン、不正経理の疑い解明へ第三者委

ジーンズ大手のエドウイン(東京・荒川)は24日、証券投資の失敗による損失を隠す不正経理があった疑いを解明する第三者委員会を近く立ち上げると発表した。同社によると、8月上旬に経理担当者が死亡したことを受け、不正経理の疑いがあったことが判明。弁護士など外部の有識者による調査で具体的な損失額などの実態解明を進め、結果を公表する。

エドウインは「EDWIN」ブランドのジーンズを製造販売し、2011年5月期の売上高は290億円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン