/

この記事は会員限定です

JR東海、米国駐在を増員 新幹線技術の売り込み強化

[有料会員限定]

東海旅客鉄道(JR東海)は米国で新幹線技術の売り込みを本格化する。4月からワシントン事務所の要員を増員、技術系社員を常駐させて米国への輸出を目指している新幹線システム「N700I」の性能や長所をフロリダ州政府などに説明する。ライバルである欧州勢の高速鉄道に対する優位性を現地関係者に訴え、受注獲得を目指す。

4月1日付でワシントン事務所に車両と線路工事に精通した技術系社員2人を赴任させる。フロリダ州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン