/

ファミマ、タイ流通大手との提携発表

ファミリーマートは24日、タイの流通最大手、セントラル・グループと戦略提携すると正式発表した。現地のコンビニエンスストア運営子会社、サイアム・ファミリーマート(バンコク)の株式50.3%を、セントラルのグループ会社に売却する。セントラルが持つ物流網などを活用し、2016年末までに現在の倍にあたる1500店体制を目指す。

売却額は約31億バーツ(約78億円)で、売却益を特別利益に計上する。サイアム社へのファミマの出資比率は48.2%に下がり、子会社から持ち分法適用会社に移行する。セントラルはタイで百貨店やスーパー、高級ホテルなどを手掛けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン