2019年6月25日(火)

パナソニック、42型液晶テレビの発売延期
LED部品不足、ボーナス商戦に影響

2010/5/24 20:48
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは24日、6月に予定していた42型液晶テレビの発売を9月に延期すると発表した。画面を照らすバックライトに省電力の発光ダイオード(LED)を採用した上位モデルで、部材調達の遅れが理由。薄型テレビを巡っては新興国需要の拡大などで部品や部材が世界的に不足気味。ソニーもLED搭載モデルの発売が遅れるなど、各社の部品調達に影響が出始めた。

対象は6月11日に発売予定だった「新・ビエラD2シリーズ」の42型。同シリーズの19型から37型までは4月に発売したが、同社の液晶で最大画面となる42型は今夏のボーナス商戦に間に合わない。

パナソニックは「関連部品の調達の遅れ」と説明しており、LEDを含めた液晶関連部品の不足が原因とみられる。4月に発売した戦略商品の3次元(3D)テレビはプラズマパネルを使っているため影響はない。

韓国サムスン電子をはじめ、薄型テレビメーカーが一斉にLED搭載モデルの増産を急いでいる。ソニーも4月末に発売する予定だったLED搭載モデルの一部の発売を延期した。

LED素子のほか、導光板やフィルムといった部材の需給も逼迫(ひっぱく)している。部品メーカーは増産に動いているが、生産能力は追いついていない。テレビメーカーには「機会損失が起きている」(大手メーカー)との声が出ている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報