ホンダ、電動バイク高校生に貸し出し
走行データ収集、開発に生かす

2010/12/24付
保存
共有
印刷
その他

ホンダは24日、熊本県と共同で取り組む次世代車の実証実験の概要を発表した。熊本市で高校生や観光客に電動バイクを貸し出す。県施設に電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を配備。2012年の商品化に向け走行データを収集、車両開発に生かす。ホンダは埼玉県とも同様の実験を実施しており、海外でも来年には米国に続き、中国で実験を始める計画だ。

リース販売を始めた電動バイク「EV-neo(イーブイ・ネオ)」10台を熊本市や水俣市、阿蘇地区で市民や観光客に貸し出す。熊本市では高校生の通学手段として活用してもらい、若年層に電動車両の浸透を促す。

来年後半にはEVとPHVの実験車両を5台ずつ県内に配置する。ホンダの熊本製作所(熊本県大津町)に太陽光発電を利用した充電設備を置くほか、熊本県も県施設に充電拠点を設ける。

同日、熊本製作所で会見したホンダの伊東孝紳社長は「『生活の質向上』をキーワードに、地域住民のためホンダがどう貢献できるか考えたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]