2019年1月24日(木)

「失われた20年」に市場価値高める 1位はユニ・チャーム
株式時価総額、「部品・材料」「医療」の増加目立つ

2010/12/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バブル崩壊後「失われた20年」といわれる日本経済の停滞期にも、高い成長率を維持し株式時価総額を伸ばした企業はどこか――。20年前の1990年末と直近の株価を比べて、企業の市場価値を示す時価総額の増加率をランキングしたところ、1位はユニ・チャーム、2位はトヨタ紡織、3位は日本電産となった。

20年前と比較可能な上場1418社(新興市場企業は除く)を対象に日本経済新聞が集計した。

上位には、国内市場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報