サイバー攻撃で工場停止 標的型、制御システム突く
米で被害、社内に潜む侵入口

(1/2ページ)
2012/1/29 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工場や社会インフラの「制御システム」を狙ったサイバー攻撃の懸念が高まってきた。制御系の多くはコンピューターウイルスに対してほぼ無防備のため、国内の工場が一般的なウイルスにさえ簡単に感染し始めている。警視庁も24日、不正アクセス禁止法の強化を発表するなど対策を急ぐが、より深刻なのは特定企業の工場などが狙われて停止に追い込まれる「標的型攻撃」だ。すでに米国で被害が明らかになりつつあり、日本も他人事で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]