/

この記事は会員限定です

NEC、印で通信機器開発 新興国向け需要に対応

[有料会員限定]

NECは4月から新興国の通信会社向け機器の開発をインドに移管する。開発・生産コストを2~3割削減、新興国の事業者のニーズを迅速に反映する仕組みを整える。情報通信機器は価格競争が激化、利益率が低下している。NECは生産の海外移管で対応してきたが、世界シェア首位を争う主力製品では開発も一部を海外に移してコスト削減で先手を打ち、業績回復につなげる。

海外に移管するのは携帯通信向けの無線通信装置「パソリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン