2019年2月19日(火)

キンドル発売、8000円台から 米アマゾン予約開始
カラー液晶タブレットは12月に

2012/10/24 15:32
保存
共有
印刷
その他

米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍端末の「キンドル」を発売する。24日午後からインターネットで予約を受け付け、11月に出荷する。カラー液晶を搭載した小型タブレット(多機能携帯端末)「キンドル・ファイア」も12月に発売し、音楽やゲームを配信する。価格は「キンドル」が8480円から、「キンドル・ファイア」は1万2800円に抑えた。

主要な電子書籍端末やタブレットが日本でも出そろい、販売競争が激しくなりそうだ。アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は同日午前、「日本語を美しく表示できるよう特別なフォントを開発した。世界最高の端末とサービスを用意した」と日本経済新聞に語った。

電子書籍端末の「キンドル・ペーパーホワイト」は、「Wi―Fi(ワイファイ)」でネット接続する機種が8480円。NTTドコモの3G携帯電話回線も使える機種が1万2980円。3Gの通信料金はアマゾンが負担するため、利用者は無料でアマゾンの電子書店「キンドルストア」に接続して電子書籍を購入できる。

11月20日から出荷する。購入できる電子書籍は角川グループパブリッシング、講談社、小学館、新潮社などの作品で、計約5万冊。

タブレットの「キンドル・ファイア」の価格は1万2800円、高精細の液晶を搭載した「ファイアHD」は1万5800円。ネット接続はWi―Fiのみで、12月19日から出荷する。

ファイアとファイアHDでは電子書籍に加えて音楽やゲームを購入したり、インターネットに接続したりできる。音楽の楽曲数は2000万曲。購入した楽曲のデータは端末にダウンロードできるほか、アマゾンのクラウドに保存してストリーミング(逐次再生)で聞くこともできる。

3機種はアマゾンのウェブサイトのほか、ビックカメラや上新電機、ケーズホールディングスなどの店舗でも購入できる。

保存
共有
印刷
その他

電子書籍・通販…ネット競争激しく

アマゾンの戦略を深読み

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報