/

東電に賠償資金497億円追加交付 原賠機構

東京電力は24日、原子力損害賠償支援機構から福島第1原子力発電所事故の賠償資金として497億円の追加交付を受けたと発表した。交付は9月の547億円に続き9回目で、累計額は1兆3763億円。原子力損害賠償法に基づく1200億円の補償金と合わせ、賠償向けに政府から受け取った総額は1兆4963億円になる。

23日までに支払った賠償金の総額は1兆3245億円。東電は11月末までの賠償金支払いに1兆4963億円が必要と見積もり、機構に追加交付を申請していた。

政府は5月に東電の再建計画を認定し、最終的に必要な賠償資金の交付枠を2兆5462億円と設定。この枠の中で、実際の支払いの進捗に合わせて、資金を順次交付している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン