/

ノジマ、電気代の削減診断 家電買い替え促す

首都圏を地盤とする中堅家電量販のノジマは家電製品の買い替え客を対象に、店頭で電気料金の削減額を診断するサービスを始めた。既に一部の店頭で導入しており、将来全店に拡大する。顧客の状況に合わせた具体的な節電効果を提示して買い替えを促す。

新サービス「電気代削減コンさるタント」は環境省がインターネットで提供するツールを活用し、店員が接客時に対応する。顧客が自宅で利用している家電製品の機種と、買い替えを検討している機種を入力し、電気代をいくら削減できるかを診断する。

製品の品番が分からない場合でも、メーカーや購入時期によっておおよその削減額を算出できる。平均利用時間など詳細な条件を入力すれば、より正確な金額を確認できるという。

電気代の削減額だけでなく、新たな機種を何年間使えば節電効果でもとが取れるかも診断する。照明器具やテレビ、エアコンなど5分野の製品を対象とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン