/

この記事は会員限定です

エルピーダの更生手続き開始決定 東京地裁

(更新) [有料会員限定]

会社更生法の適用を申請していたエルピーダメモリは23日、東京地裁から更生手続きの開始決定を受けた。地裁は迅速に再建を進めるため、破綻前の経営陣の一部が残る「DIP型会社更生」を認めた。坂本幸雄社長が財産処分などの権限を持つ管財人となり更生計画を策定する。同社を支援するスポンサー企業の選定が今後の焦点となる。

更生法適用の申し立て代理人だった小林信明弁護士も管財人に選ばれた。2人の管財人が中心となり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン