スマホ決済最大手が日本進出 三井住友カードと提携

2013/5/23付
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン(スマホ)でクレジットカード決済ができるサービスを手掛ける米スクエア(カリフォルニア州)は23日、日本で事業を開始したと発表した。無料の小型装置を取り付けるとスマホをカードの読み取り機として使える。三井住友カードと提携し、決済手数料を通常より低い3.25%に抑えた。中小規模の店舗などを開拓する。

スマホに専用アプリをダウンロードし、2.5センチメートル角の小型装置を差し込むとカードの読み取り機として使える。一般的な読み取り機が10万円前後するのに対し、スクエアはスマホがあれば初期費用がかからない。決済手数料も一般的な5~7%の半分程度に抑えた。

スクエアはツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏が2009年に設立。米国内の加盟店数は300万店、年間取扱額は150億ドルに上るスマホ決済サービス最大手。北米以外でのサービス提供は日本が初めて。

同日の記者会見でドーシー氏は「最大の利点は販売データをスマホで簡単に管理し、販売促進に役立てられることだ」と話した。売り上げの多い商品や時間帯、雨天時の販売動向を容易に分析できるという。

三井住友カードは提携に先立ち、12年9月にスクエアに1000万ドルを出資したことを明らかにした。スクエアのサービス普及を促し、「加盟店の裾野を広げる」(島田秀男社長)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]